二重まぶた手術

二重まぶたの手術は主に2つあります

二重まぶたの整形手術には、主に糸を使った埋没法と、メスを使う切開法の2種類が存在します。
埋没法は、ごく細い糸を使ってまぶたを二重に縫い留める二重手術です。手術といってもメスを使わないので、ダウンタイムが短く術後に腫れることが少ないのが特徴です。
料金も切開方と比べて安く、糸を取れば再び元の形のまぶたに戻すことができるので、気軽に受けられます。
安全性も高い方法ですが、何らかの拍子で糸がとれてしまう可能性あるので注意しましょう。
また、切開法ではまぶたの脂肪を取り除き、目元全体を軽い印象にすることができますが、埋没法はメスを使わないのでまぶたの腫れぼったさを改善することはできません。

 

切開法では、希望する二重ラインにそってメスを入れ、余分な組織や筋を取り除く本格的な二重手術です。
二重を作るのと同時に、まぶたを重く見せる眼窩脂肪を取り除けるので、目の腫れぼったさを改善できるのが特徴です。
はっきりとしたラインの二重まぶたを作ることが可能で、半永久的に二重まぶたを維持できます。
埋没法ではまぶたの状態によって二重が上手に作れなかったり、まぶたが厚く糸がすぐ切れてしまう人でも、切開法なら綺麗な二重まぶたを形成可能です。
まぶたが厚く埋没法に向いていない人や、幅の広めな二重まぶたに仕上げたい人に向いています。
しかし切開法はメスを使うので、術後は腫れが1週間程度続きます。ダウンタイムの期間はアイメイクを行うことができませんので、会社や学校を1週間まとまった休みを取れない場合、片目ずつ手術を行っていくことになります。

 

二重まぶたの手術をする前に確認したい事って?

二重手術は基本的に安全で、しっかりとしたクリニックで施術を受けたのなら健康に問題が起こる確率は低いと考えられます。
しかし整形手術全般のリスクとして、手術は医師の技術や経験に左右されますので、イメージ通りの二重の形にならない可能性は常に存在します。
このようなリスクを避けるためには、二重手術の経験が豊富な医師による執刀を受けるか、埋没法のように元に戻すのが容易な施術を選ぶかです。
他にも、施術で希望通りの二重にしたあと、顔全体のバランスに影響が出る場合があります。
目は少し形が変化するだけで、顔全体に影響を及ぼすパーツです。
そのため、施術前に医師とよく相談して、目の仕上がりだけでなく顔全体の印象の変化をしっかり把握しておくことが重要となります。
この場合も、やはり医師の経験が重要となるので、クリニック選びは慎重に行いましょう。